その他お問合せメインビジュアル

その他お問い合わせ

よくある質問

よくお寄せいただくお問い合わせ内容をまとめております。お問い合わせされる前に、どうぞご覧ください。

店舗での営業について

営業⽇時について
ホームページトップのカレンダーからご確認いただけます。
クレジットカードのご利⽤について
築地本店、豊洲店ともvisa,masterをご利⽤いただけます。
(2020年6⽉までキャッシュレス⽀払いで5%ポイント還元されます。)

商品について

商品の仕様について
私どもの包丁は全て⼿造りであるため⼀丁⼀丁多少の違いがございます。
また、実際の商品は商品画像と⼀部異なる場合がございます。予めご了承下さい。
柄や鞘の販売について
柄鞘のみの販売は⾏っておりません。
包丁の厚みや幅などは⼀丁⼀丁異なりますので、ご購⼊をご検討の際は必ず現物をお持ちの上、築地の本店へご来店下さい。
商品の発送について
オンラインショップは勿論、店舗でお買い求めいただきました際も商品の発送が可能です。(送料はお客様にご負担いただいております。)

包丁のお手入れについて

鋼の包丁のお⼿⼊れについて
ご使⽤中はこまめに⽔気を拭き取って下さい。ご使⽤後、⽔気を拭いよく乾かしてから保管して下さい。また、⻑くお使いにならない際は、サラダ油などの植物性の油を薄く刃全体に塗布してください。
包丁がサビた際には、サビが深くなる前に専⽤のサビ取りクリーナー等で早めにお取りください。
ステンレス製の包丁のお⼿⼊れについて
サビにくいステンレス製の包丁は、絶対に錆びないというわけではございません。
ステンレス系の鋼材も切れ味を向上させる⽬的で炭素を含むため、濡れた(汚れた)状態や、他の⾦属と触れ合った状態が⻑く続くと錆が⽣じる場合がございます。
包丁の鞘での保管について
鞘は包丁の持ち運びには便利ですが、⻑期間鞘の中に保管しておりますと湿気が溜まり錆びやすくなる場合がございます。
包丁と鞘を合わせてお求め頂いた際は、別々で梱包をしてお渡ししております。

研ぎ・修理について

研ぎや修理のご依頼について
ご来店でのご依頼は随時承っております。ご郵送の場合はメールフォームからお問い合わせください。
費⽤の詳細とお預かり期間につきましては現物拝⾒してからのご案内となります。
サビが出た包丁でも直して使⽤できるか
サビ具合にもよりますが、サビ落としの道具や砥⽯を使⽤することで、サビを落とすことができます。
サビた包丁の研ぎのご依頼の可否は、サビを落とした後でのご案内となります。そのため、お⾒積もりにお時間を頂戴する事がございますことを予めご了承ください。
⾃分で包丁を研ぐ場合はどの砥⽯を使えばいいか
弊社では砥⽯の販売もおこなっております。⼀般的に砥⽯は荒砥、中砥、仕上砥と使い分けます。
ご家庭の場合は切れ味を戻すだけですと、中砥だけでも⼗分ですが、刃が⽋けている場合には荒砥、刃持ちや切れ味を気にされる⽅は仕上砥を合わせてお使いください。
他社製品の研ぎのご依頼について
弊社では他社製品の研ぎ修理も随時承っております。
しかし弊社の製品と鋼材や造りが違うため、研ぎ修理をお受けできない場合もございます。ご理解のほどよろしくお願い致します。
研ぎの頻度について
包丁の種類や材質によって変わりますが、滑る切れにくいなど感じられた時が研ぐタイミングです。
ご⾃⾝で研がれた際に、切れ味が戻らない・すぐに切れなくなる場合は、包丁の形や刃の⾓度を直すことで改善する場合がございます。
その際は⼀度研ぎに出すことをおすすめします。

お問い合わせはこちらから必須は必須項目です

入力内容に間違いがないかご確認の上、
「送信する」ボタンを押してください。
再度ご入力される場合は
「戻る」ボタンを押してください。

お名前必須
フリガナ必須
ご住所
お電話番号必須
- -
メールアドレス必須
  • ※確認のため、再度メールアドレスの入力をお願いします。
お問い合わせ内容必須