ご閲覧いただき誠にありがとう存じます。
私どもは代々源氏に仕えた刀鍛冶「源正久」を出自とし、明治5年に開業いたしました包丁専門店でございます。
明治の日本橋魚河岸時代より、現在は築地場外市場、豊洲市場と、卸売市場とともに歩んでおります。

創業当時より、刀鍛冶の伝統技術を基に強靭な関東鍛冶の特長を生かした独自の製造方法で市場や飲食店など現場で使用する包丁を製造、明治中期には鍛冶職人を欧米に派遣し洋式製造技術を習得、和洋の伝統製法を融合させた独自の製法を確立し、刃渡り4尺5寸(135㎝)を超える鮪の卸庖丁の開発や、同時に取得した西洋の機械刃物製造技術を移入し、洋包丁(牛刀)の製作に成功、関東における牛刀の発祥となるなど、独自の刃物製造に尽力して参りました。

代々の当主が、常に現場のお得意様のご意見を取り入れ改良を重ねていくことで、魚河岸の鮪商・市場水産業界をはじめ、飲食業界など食のプロの皆さまに永きに亘りご信頼いただき、幅広くご愛顧を賜っております。

HPにはその一部ではございますが、本職様ご使用の製品やご家庭向なども各種ご案内いたしております。

また、製品のお問い合わせだけでなく、お誂えものや研ぎものなどの様々なご相談の際にも、誠意をもってご対応させていただいておりますので、どうぞお気軽にお尋ねくださいませ。

皆さまが末永くご愛用される庖丁選びのお役に立てましたら幸甚でございます。

東源正久 四代目当主 小川 由香

お知らせ